ビジネスマナーの“振り返り”実践講座<6月21日(水)>

「おやっ」この人はこのような細部にまで気配りができる…と感じさせるにはどうしたらよいのでしょう?
どのような企業環境の中でも「挨拶」、「身だしなみ」、「言葉遣い」、「電話応対」などのビジネスマナーの大切さは変わりません。
企業の顧客満足に対する考え方、社員一人ひとりのマナーの良し悪しがその企業のイメージにも影響を及ぼしてしまいます。
本講座では、日頃、何気なく過ごしてきたビジネスマナーを初心に帰ってもう一度見直すことで改めて正しいマナーを再確認し、身につけていただき「知っている」⇒「できる」を目指します。
マナーをもう一度見直したい方、後輩に教える・お手本になる立場の方にも役立つ内容です!

【研修成果】
(1)顧客満足(CS)や企業イメージ向上を考え、職場の手本となる応対スキルを体得できる。
(2)ビジネスマナーを振り返り、正しいマナーを再確認・習得することができる。

開   催   日   時 平成29年6月21日(水) 9:30~16:30
会    場 姫路商工会議所 本館6F 会議室
定    員 30名(最少開講人数10名)
対    象 新入社員
入社2〜3年目の若手社員
受   講  料 ●姫路市内に本店がある中小企業 (※姫路市から補助が出ますので、下記金額となります。)
会員 7,340円/人  一般13,510円/人
●その他の企業
会員12,340円/人  一般18,510円/人
受講証の発送 あり
申   込   方   法 インターネットからの申込は下記より、申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
FAXでの申込は下記より、申込書をダウンロードし、必要事項を記入して送信してください。
内      容 1.なぜいまビジネスマナーなのか、その重要性とは?

2.意外と忘れられているビジネスマナーの基本
 (1)第一印象で好感度を高める ~実習で再確認~
   挨拶・お辞儀・表情・身だしなみ・立ち姿など
 (2)好感のもてる言葉づかいとは  
   ①ビジネス用語の基本は、尊敬語・謙譲語・丁寧語
   ②相手を不安にさせる・怒らせる応対言葉とは
   ③相手との信頼関係をつくる気が利く言葉とは 

3.電話応対の基本を整えよう
 (1)あなたの第一声は会社の玄関 ~声、話し方のチェック~
 (2)ハッキリ話すコツをつかむ ~発声練習~
 (3)電話応対マナーのチェックポイント

4.来客応対の基本ステップの確認と留意点
 (1)受付からお見送りまでの留意点
 (2)名刺の取り扱いなど  

5.まとめ  
 おもてなしの心でお客様からの信頼を勝ち取ろう!

講    師 株式会社セールスプロモーションビューロー
社員教育トレーナー
大饗 昭子(おおあい あきこ)氏

短期大学卒業後、大手自動車販売会社に入社。
後に、中堅企業社長秘書として6年の実務実績。
その後、専門学校のビジネス実務講師等を経て、現在は民間企業にて階層別セミナー・研修講師として活躍中。

お問い合わせ先 中小企業相談所 TEL.079-223-6557 FAX.079-222-6005 Eメールはこちら
インターネットで申し込む

ビジネスマナーの“振り返り”実践講座

開催日時:平成29年6月21日(水)9:30~16:30  会場:本館 6階会議室  定員:30名(最少開催人数10名)  対象:新入社員・入社2〜3年目の若手社員
受講料
●姫路市内に本店がある中小企業 (※姫路市から補助が出ますので、下記金額となります。)
会員 7,340円/人  一般13,510円/人
●その他の企業
会員12,340円/人  一般18,510円/人

受講指示者名 (ご担当者)
所在地

※ハイフンなしで入力ください

連絡先

※ハイフンなしで入力ください。

※ハイフンなしで入力ください。

受講者1
受講者2
受講者3
請求書

当フォームのご利用にあたっては、「個人情報保護方針」にご同意いただく必要があります。

内容をよくご確認いただき、ご同意いただける場合は、下記の「同意する」にチェックのうえ、
入力内容確認画面にお進みください。

Please wait...
PDFをダウンロード
docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。
以下ドメインを受信できるように設定をお願い致します。@himeji-cci.or.jp
  • インターネットの場合(申込フォームに必要事項を入力して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→受講証の発送→受講料の振込→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→当日受付
  • FAXの場合(申込フォームに必要事項を記入して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受講証の発送→受講料の振込→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・当日受付