給与計算は正しくできていますか? 給与計算と社会保険の基礎実務講座<11月16日(木)>

 給与は、労働者にとって大切なものです。大切なものだからこそ、間違いがあってはいけません。本セミナーでは、給与から控除される社会保険の基礎的な知識、労働条件の最低基準を定めた労働基準法について、わかりやすく説明いたします。給与計算の担当者はもちろん、これから給与計算を担当される方、経営者、起業を計画している方などにもおすすめいたします。座学と簡単な演習で構成しております。ぜひご参加ください。

研修成果
(1)給与計算の仕組みを理解することで、今後の実務に活かすことができる。
(2)実際の演習を行うことにより、給与計算業務をイメージすることができる。

開   催   日   時 平成29年11月16日(木) 9:30~16:30
会    場 姫路商工会議所 6階会議室
定    員 30名(最少開講人数10名)
対    象 経理・総務担当者等
受   講  料 ●姫路市内に本店がある中小企業 (※姫路市から補助が出ますので、下記金額となります。)
会員 7,340円/人  一般13,510円/人
●その他の企業
会員12,340円/人  一般18,510円/人
※ ご入金いただいた受講料は、講座中止以外は返金致しません。ご受講をキャンセルされた場合は、補助対象外となり、正規の受講料(会員:12,340円、一般:18,510円)となりますので、キャンセル料として差額の5,000円をご入金いただきます。
受講証の発送 あり
申   込   方   法 インターネットからの申込は下記より、申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
FAXでの申込は下記より、申込書をダウンロードし、必要事項を記入して送信してください。
内      容 1.社会保険とは何か
2.労働基準法の基礎知識

 1) 賃金支払の5原則
 2) 労働時間・休日・休暇
 3) 時間外労働・深夜労働・休日労働
 4) 振替休日と代休
 5) 平均賃金
3.支給額の計算
 1) 基本給・手当と割増基礎単価・割増賃金
    割増賃金の計算のもとに入れるもの、入れないもの
 2) 年次有給休暇の賃金、休業時の賃金
    所定労働日数が著しく少ない人への有給は?
 3) 欠勤・遅刻・早退等控除の計算
 4) 課税されるもの、されないもの
4.社会保険・労働保険の基礎知識
   業務災害、通勤災害に該当するの?しないの?
5.控除額の計算例
 1) 健康保険料(介護保険)と厚生年金保険料の控除
 2) 雇用保険料の控除
 3) 源泉所得税と住民税、その他の控除
6.給与計算の実務演習
講    師 兵庫県社会保険労務士会 姫路支部 所属
赤穂社会保険労務士事務所 所長
赤穂 亮平(あこう りょうへい)氏

1981年3月生まれ。2013年に開業後、企業の労務管理、給与計算業務を中心に活躍中。労使双方合わせた労働相談は年間1200件以上。
“法律をわかりやすく”をモットーに各種セミナーを行っている。

お問い合わせ先 中小企業相談所 TEL.079-223-6557 FAX.079-222-6005 Eメールはこちら
インターネットで申し込む

給与計算は正しくできていますか? 給与計算と社会保険の基礎実務講座

開催日時:平成29年11月16日(木)9:30~16:30  会場:6階会議室  定員:30名(最少開催人数10名)  対象:経理・総務担当者等
受講料
●姫路市内に本店がある中小企業  会員  7,340円/人 ・ 一般 13,510円/人
 ※姫路市から補助が出ますので、上記金額となります。
●その他の企業  会員 12,340円/人 ・ 一般 18,510円/人

受講指示者名 (ご担当者)
所在地

※ハイフンなしで入力ください

連絡先

※ハイフンなしで入力ください。

※ハイフンなしで入力ください。

受講者1
受講者2
受講者3

当フォームのご利用にあたっては、「個人情報保護方針」にご同意いただく必要があります。

内容をよくご確認いただき、ご同意いただける場合は、下記の「同意する」にチェックのうえ、
入力内容確認画面にお進みください。

Please wait...
PDFをダウンロード
docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。
以下ドメインを受信できるように設定をお願い致します。@himeji-cci.or.jp
  • インターネットの場合(申込フォームに必要事項を入力して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→受講証の発送→受講料の振込→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→当日受付
  • FAXの場合(申込フォームに必要事項を記入して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受講証の発送→受講料の振込→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・当日受付