姫路商工会議所について

姫路商工会議所とは?

【地域経済の発展に寄与する商工会議所】

姫路商工会議所は、姫路経済の振興を目的として大正11年(1922年)の設立されました。 以来、地域唯一の総合経済団体として、姫路地域の商工業者が会員となり、全国520余りの商工会議所と連携をとりつつ、地域経済の発展を目指して「地域経済振興事業」「ビジネスサポート事業」「会員交流事業」を主な柱とした活発な事業活動を展開しています。 商工会とは

【定款(目的)】

商工会議所は、地区内における商工業者の共同社会を基盤とし、商工業の総合的な改善発達を図り、
兼ねて社会一般の福祉の増進に資し、もってわが国商工業の発展に寄与することを目的とする。

【所運営の理念】

姫路商工会議所は、姫路経済の主たる商工業を営む企業及び経営者を会員基盤とする地域総合経済
団体であることを強く認識して、所業務の運営を行う。
地域の産業・経済についての実態調査の結果を踏まえ必要とされる政策を立案し、その実施に向けて会員の
合意形成を図りつつ先導的役割を果たすこととし、それを通じて姫路経済の発展と地域社会の福祉の向上に
貢献する。

アクセスマップこちら