姫路商工会議所

  • アクセス
  • 入会のご案内
トップページ > セミナー・イベント > <2月22日(木)>ものづくりシンポジウム2018 加速する水素社会への道 ~水素・燃料電池が拓く新しいエネルギー~

<2月22日(木)>ものづくりシンポジウム2018 加速する水素社会への道 ~水素・燃料電池が拓く新しいエネルギー~

2017/12/25

水素社会の実現に向けた最新の動向について/燃料電池自動車MIRAIの開発と水素社会実現に向けたチャレンジ

開催日時 平成30年 2月22日(木)
受付開始 13:30
講演会  14:00~16:15
交流会  16:30~17:30
会場 姫路商工会議所 2階 大ホール
定員 100名(先着順)
参加費 無料(交流会は3,000円/人)
受講証の発送 なし
申込方法 インターネットからの申込は下記より、申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
FAXでの申込は下記より、申込書をダウンロードし、必要事項を記入して送信してください。
内容 水素は究極の循環型クリーンエネルギーとして期待されており、国や様々な民間事業者による水素社会の実現に向けた取り組みが活発化しています。すでに約1,800台のFCVが国内を走っており、燃料を供給する水素ステーションも4大都市圏を中心に90箇所の運用が始まっています。また、政府は「水素・燃料電池戦略ロードマップ」において2020年までの水素ステーション160か所の整備、FCVの4万台普及などを官民目標として掲げており、近年その取り組みは急速に進展しています。
水素社会の実現、とりわけ燃料電池車の普及は自動車産業に大きな影響を与えることが予想され、自動車産業と関わりの深い当地域の産業にとって注視すべきテーマです。
そこで、本公演では、水素社会実現の重要な要素となるFCVおよび水素ステーションにおける各分野のフロントランナー企業であるトヨタ自動車(株)と岩谷産業(株)から講師をお招きし、次世代エネルギーとして注目される水素の特徴やインフラ整備の課題、各社の水素社会実現に向けた最新の動向などについてお話いただきます。
講師
岩谷産業株式会社 上級理事 中央研究所 副所長
繁森 敦 氏

水素社会の実現に向けた最新の動向について

■略歴■
1982年3月 千葉大学 工学部 合成化学科卒
1982年 岩谷産業株式会社入社 ガス部 特殊ガス課
1997年 特殊ガス課 課長
2011年 理事 ガス技術・開発室 ガス開発部長
2013年 理事 中央研究所部長(兼)水素エネルギー部 部長
2016年 上級理事 中央研究所部長(兼)水素エネルギー部 部長
2016年10月 上級理事 中央研究所副所長

トヨタ自動車株式会社 Mid-size Vehicle Company MS製品企画 チーフエンジニア
田中 義和 氏

燃料電池自動車MIRAIの開発と水素社会実現に向けたチャレンジ

■略歴■
1987年3月 京都大学大学院 工学研究科卒
1987年4月 トヨタ自動車株式会社入社
オートマチックT/Aの開発を担当
1997年 ドライブレーン技術部へ異動。
初代ヴィッツの新型A/Tの開発を担当。
2000年 FR用多段A/Tの開発を担当。
2005年 実験解析室室長として、マニュアルT/M、ドライブラインを担当
2007年 開発責任者として、引続きプライグインハイブリッドの開発を担当
2012年 燃料電池車(FCV)開発責任者として製品企画業務を担当
お問い合わせ先 姫路商工会議所 中小企業相談所 産業政策担当 TEL.079-223-6555 FAX.079-288-0047 kougyou@himeji-cci.or.jp

docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。
以下ドメインを受信できるように設定をお願い致します。@himeji-cci.or.jp
  • インターネットの場合(申込フォームに必要事項を入力して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→受講証の発送→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→当日受付
  • FAXの場合(申込フォームに必要事項を記入して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受講証の発送→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・当日受付