姫路商工会議所

  • アクセス
  • 入会のご案内
トップページ > セミナー・イベント > 資金繰り表と新たな取り組みでコロナ危機を乗り越える

資金繰り表と新たな取り組みでコロナ危機を乗り越える

事業を営まれる方にとって「資金」とは体の中を流れる“血液”といえるのではないでしょうか。一時的に売上がなくなったとしても、また、一時的に赤字に陥ったとしても廃業には追い込まれませんが、「資金」だけは別です。いまだ、連日、世間を騒がせている新型コロナウイルス感染症の拡大ですが、「持続化給付金」や政府系金融機関や民間金融機関の実質無利子・無担保融資等の“緊急輸血”により支えられた方も多くいらっしゃると考えます。しかし、この“緊急輸血”により、目先の資金繰りに目途がついたとして立ち止まってはおられませんか?新型コロナウイルス感染症対策として多くの融資に「据置期間」が設定されていますが、、この「据置期間」が設定されている間に元本返済開始時に耐え得ることができるよう事業を見直し、再構築を検討しておかないと、大変な事態に陥ってしまうことは容易に想像ができます。そこで、本セミナーでは、あらためて「資金繰り表」を見直し、新たな取り組みに挑戦することで、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の社会の変化に対応し、危機を乗り越えていくためのポイントについて解説いたします。なお、本講座は、昨年9/17に開催したセミナーが大変好評であったため、第二弾として開催いたします。つきましては、重複した内容もございますので予めご了承ください。昨年ご参加いただいた方はより知識を深めていただくため、また、昨年ご参加いただけなかった方は知識習得のため、この機会にぜひご参加ください。

日時 2021年12月14日(火)
14時00分~16時30分
会場 姫路商工会議所 本館6階605会議室
定員 40名(先着順)
受講料 無料
受講証の発送 なし
申込方法
※新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、やむを得ず中止する場合があります。
中止のご連絡は、原則FAXにて行います。

インターネットからの申込は下記の申込フォームに必要事項を入力して送信してください。
FAX・郵送での申込は下記の申込書をダウンロードし、必要事項を記入して送信・郵送してください。
カリキュラム ●コロナ融資を受けた事業者の現状
●稼いだ利益はどこへ消えたのか?
 ・キャッシュフロー計算書で原因を探る
●キャッシュフロー計算書の構造
●資金繰り表とは?
●資金繰り表を作るメリット
 (本講座では資金繰り表の作り方については触れません)
●事業再構築の必要性
 ・事業再構築に不可欠な経営理念・ビジョン
 ・事業再構築のヒントは「顧客の声」にアリ
 ・事業再構築のヒントは「従業員の声」にアリ
 ・ピンチはチャンス
新型コロナウイルス感染症対策へのご理解とご協力をお願いいたします ●新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、やむを得ず変更・中止する場合がございます。変更・中止等の連絡は、原則FAXにて行います。
●参加者は全員マスクの着用をお願いいたします。
●受付にて検温を実施させていただきます。
●受付にアルコール消毒液を設置しておりますので、着席前に消毒をお願いいたします。
●研修室内は定期的に換気を行います。お席によりましては暑さ・寒さを感じる場合もございますので、調節できる服装にてご参加ください。
●ソーシャルディスタンスに配慮した配席とし、研修室内の密集を低減いたします。
講師
財務リスク研究所株式会社役
代表取締 横山 悟一(よこやま ごいち)氏
(中小企業診断士)

大学卒業後、会計事務所・コンサルティング会社等の勤務を経て、独立。約10年にわたる研究を重ね、指標を使わない世界初の分析手法「ビジュアル分析」を開発。難解なバランスシートをわかりやすくするだけでなく、決算書に潜むリスクや粉飾を読み解くノウハウを確立。分析した決算書はすでに6,000社を超えている。
お問い合わせ先 姫路商工会議所 中小企業相談所 TEL.079-223-6557 FAX.079-222-6005
kenshu@himeji-cci.or.jp

docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メールが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。
以下ドメインを受信できるように設定をお願い致します。@himeji-cci.or.jp
  • インターネットの場合(申込フォームに必要事項を入力して送信)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→受講証の発送→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・受付完了メール(自動返信)→当日受付
  • FAX・郵送の場合(申込フォームに必要事項を記入して送信・郵送)
    〈受講証の発送ありの場合〉・・・・・受講証の発送→当日受付
    〈受講証の発送なしの場合〉・・・・・当日受付